お知らせ

アジア選手権代表選考合宿、男子は木造・戸上・篠塚・村松が代表権を獲得

2021-07-06 17:14:10 guanli 29

AB6I9865.jpg

アジア選手権代表選考合宿、男子は木造・戸上・篠塚・村松が代表権を獲得

6月19日・20日に千葉・旭市総合体育館で「2021アジア選手権ドーハ大会(9月1〜8日/カタール・ドーハ)」の男子代表選考合宿が開催された。
東京五輪代表の、張本智和・丹羽孝希・水谷隼の3選手は既に、出場基準を満たしているためシングルスの代表権を獲得しているが、今回の合宿に参加した丹羽・水谷の推薦権はなくなり、今回の代表選考合宿で新たに4名が選出。
代表権は獲得しているものの、東京五輪を見据え、今合宿に参加した丹羽孝希や、今年1月の全日本選手権男子シングルス2位の森薗政崇など上位進出が予想された選手が予選リーグで姿を消す波乱となった今合宿。
2日目の準々決勝を勝ち上がった、木造勇人・戸上隼輔・篠塚大登・の4名が代表権を獲得した。