お知らせ

女子五輪代表チーム快勝 ”無観客と違う緊張感”に打ち勝つ<卓球・ドリームマッチ>

2021-07-06 10:36:56 guanli 23

<2021卓球NIPPONドリームマッチ 2021年7月2、3日>

7月3日、2021卓球NIPPONドリームマッチ(日本卓球協会創立90周年記念)が開催された。ボールは紅双喜、卓球台は三英(MOTIF、輪島塗)と五輪本番と同じものを使用している。

3日に行われた女子団体では、会場となったサイデン化学アリーナが埼玉県にあることもあり、埼玉県内の卓球協会登録者のうち1,000人ほどが実際に会場で観戦した。

“仮想ドイツ代表”相手に5-0と快勝

石川佳純、平野美宇
写真:石川佳純・平野美宇ペア/提供:日本卓球協会

女子団体の対戦相手はドイツ代表を想定して日本卓球協会が選抜した3名による“仮想ドイツ代表”であった。第1試合のダブルスでは、石川佳純(全農)/平野美宇(日本生命)ペアと長﨑美柚(日本生命)/宋恵佳(中国電力)ペアが登場した。

試合は長﨑/宋ペアが1ゲーム目を奪って以降、取って取られてのシーソーゲームとなったが、最終ゲームを石川/平野ペアが11-5で取り接戦を制した。

伊藤美誠
写真:伊藤美誠/提供:日本卓球協会

2番には伊藤美誠(スターツ)が登場。カットマンの原田春輝(希望が丘高)相手に2ゲームを連取し、3ゲーム目のデュースを決め切って勝ち星を挙げた。3番の平野はTリーグ・ファイナルでも戦った長﨑と再戦。平野が2ゲームを先取するも長﨑が1ゲーム取り返してゲームカウント2-1になったが、4ゲーム目を平野が取り切って五輪代表チームが3本目の勝利へ。

今回シングルス2点起用となった伊藤が4番手に登場し、ペンホルダーの宋と対戦。1ゲーム目のデュースを伊藤が制すると、伊藤がそのままの勢いで2、3ゲーム目を取って勝利した。ラストは石川と原田が互いに1ゲームずつ取り合うも、石川が3、4ゲーム目を取って3-1で勝利。五輪代表が1本も落とすことなく5-0で快勝した。

各選手、監督のコメントは以下の通り。